アレルギー肌 洗顔 注意点

アレルギータイプの肌質の方は、洗顔料が肌に合わない場合、皮膚が赤くなったり、痒みがでたり、皮膚表面が荒れたりなどの症状がでますから、特に洗顔料選びには注意が必要です。また、洗浄力が強いタイプだと、必要とする皮脂までが、洗い流されてしまい、余計に乾燥、痒みを引き起こすことになります。

 

 アレルギーを引き起こす要因は、ハウスダストや、ダニなど様々ですが、洗剤や化粧品、シャンプー等に含まれる、化学物質が原因になっている場合も多く見られます。「合成界面活性剤」などは、それらに多く含まれており、アレルギー反応を引き起こす原因とも言われています。洗顔料を選ぶ際には、この化学成分が入っていない洗顔料を選ぶ事ができます。また、加えてパラベン、着色料、香料、などもアレルギー肌の方にとっては避けたい成分です。最近では、アレルギー肌専用の無添加の洗顔料も多く、販売されています。できるだけ、天然の成分を使った、無添加の洗顔料を選ぶと良いでしょう。

 

 また、アレルギー肌の方にとって、感想は肌の大敵です。乾燥から、痒みを引き起こし、さらに、肌への負担を大きくしまうことでしょう。スクラブタイプや洗浄力の高い洗顔料は、アレルギー肌の方には、あまり向きません。できるだけ、肌に優しい、アミノ酸系の洗顔料がおすすめです。
 必要な皮脂を洗い流してしまわないように、一日に何回も洗顔することは避けましょう。肌は、失ったぶん、さらに補給しなければと皮脂を加速して分泌します。結果、余計に脂っぽい肌になってしまいます。アレルギー肌や、アトピー肌の場合、ぬるま湯やで洗顔するだけでも十分ですが、女性の場合は、メイクをきちんと落とさなければ、いけません。クレンジング剤を選ぶ際にも、肌への負担が少ないものを選ぶようにしましょう。