洗顔料 選び方

現在では、洗顔料の種類がとても多く、何を基準に選んだらいいか、迷ってしまいますね。基本的には、人の肌質はみな違うため、ある人にとっては、いい洗顔料も自分にとっていいとは限りません。全ての人にオールマイテイに合う洗顔料というのもありません。
 では、何を基準して、いい洗顔料としたらいいのでしょうか?簡単に、いい洗顔料のポイントを紹介していきます。

 

 洗顔料には、洗浄成分が配合されており、その洗浄成分で肌の汚れ等を、洗い流します。重に洗浄成分は「天然洗浄成分」と「合成界面活性剤」の二つに分類されます。「天然洗浄成分」は植物性のものなど、天然の素材を利用しています。「合成界面活性剤」は石油を原料としており、「合成界面活性剤」を用いた洗顔料は、特に敏感肌の人にとって、かぶれなどを引き起こしやすく、それ以外に含まれる、化学成分により、肌のトラブルが起きてしまう事もある為、洗浄成分は「天然洗浄成分」を使ったものを選んだ方が良いでしょう。

 

 また、洗い残しがあると肌荒れの原因となるため、泡切れが良いものを選ぶ事もポイントとなります。泡切れが悪いと、すすぐ時間が長くかかり、結果、皮膚に必要な皮脂や成分までも、洗い流して、皮膚を乾燥させてしまいます。

 

 汚れはきちんと落としてくれ、かつ肌に必要な成分を洗い流す事のないよう、泡切れのよい洗顔料が、理想的ですね。

 

 「どろあわわ」は、理想の条件を満たした、洗顔料であると言えます。汚れへの吸着性が強く、毛穴にたまった汚れを除去する効果に優れています。真皮膚層にある「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」が配合されており、洗ったあとも保湿効果があります。

 

また、泡切れもよくぬるま湯で、すぐに洗浄成分を洗い流すことができ、顔の皮膚に洗浄成分が残らず、肌トラブルを防いでくれます。