乾燥肌を防ぐ洗顔方法

冬など、空気が乾燥する季節、特に元々乾燥気味の肌の方にとっては、肌トラブルが起こりやすい時期かもしれません。肌が乾燥すると、痒み、ニキビ、吹き出物などの肌トラブルが起きます。肌が乾燥する原因として、睡眠不足、気候、ストレスなどがありますが、毎日の洗顔方法が引き金になっている場合もあります。乾燥肌を引き起こす要因となる、洗顔方法を見て、当てはまる点がないか、チェックしてみましょう。

 

 使用している洗顔料の洗浄力が高い場合、本来肌に必要な成分までも洗い流してしまい、肌のバリア機能を果たしている角質がないため、水分を肌内に保つことができず、乾燥してしまいます。洗浄力の高い、洗顔料は洗った後、スッキリ爽快になるのですが、乾燥肌を引き起こし、結果、毛穴が黒ずんだり、ニキビがでたりしてしまうため、また、過度の洗顔を繰り返すという悪循環になってしまいます。

 

洗顔料を選ぶ際には、洗浄力が良いのと同時に、保湿効果もあるものを選ぶと良いでしょう。また、できるだけ「化学洗浄成分」でなく「天然洗浄成分」を使用した洗顔料の方が、肌への負担が少ないため、どのような洗浄成分を用いているかを確かめましょう。
 冬など、寒い時期には、暖かいお湯で洗顔をしたいですね。

 

しかし、熱すぎるお湯で洗顔すると、お肌のバリア機能は破壊されてしまいます。お湯で洗顔した後、肌がすぐにつっぱるなどの経験はありませんか?この場合にも角質を傷つけてしまっているため、すぐに乾燥してしまいます。洗顔の際のお湯の温度は30〜35度が理想的です。 

 

また、クレンジングと石鹸のダブル洗顔も,乾燥の原因です。特に乾燥している時期は、ダブル洗顔をすると、必要な油分を取り去ってしまいます。クレンジングの後は、ぬるま湯で洗うようにするか、石鹸の洗顔のみのする事ができます。

 

 「よか石鹸」は、天然の洗浄成分を使用し、洗ったあとの保湿効果もあります。高い洗浄力がありますが、洗った後のツッパリ感が少ないようです。乾燥肌に適した洗顔料を使って、特に秋、冬などの乾燥した季節を乗り切りましょう。