洗顔ブラシ 顔の肌をきれいにする

洗顔ブラシ 使用方法

洗顔の際に、こすらずに泡で優しく洗うようにする事は、すでに多くの方のとって周知の事実ではないでしょうか?

 

しかし、注意してはいても洗顔の際に力が入ってしまう事もあると思います。そこで、オススメなのが、洗顔用のブラシです。

 

ブラシと聞くと、硬い毛でゴシゴシこするイメージがあるかもしれませんが、洗顔用のブラシは、その名の通り、顔専用に作られたブラシです。毛先がとっても柔らかく、肌にダメージを与えません。

 

細い馬や、ヤギの毛を使用しており、毛先が細いため、泡が立ちやすく毛穴の汚れを洗うのにも効果があります。
値段は、一つ3000〜5000円となっており、少し高めに感じるかもしれませんが、保管がよければ、1〜2年は使用できます。

 

 使用方法は、とっても簡単です。まず洗顔ブラシをぬるま湯に浸しておきます。
手のひらに洗顔料を取り、軽く泡立て、浸しておいた洗顔ブラシを使ってさらに泡立てます。そうすると顔の肌をきれいにするキメの細かな泡が出来上がります。

 

洗顔料のついたブラシで、顔の上の円を書くように、顔の中央から外側にかけて円を描くようにしていきます。

 

チークを塗るような感じですね。この時にも、ゴシゴシ押し付けないよう、皮膚の表面をなぞるような感じで洗いましょう。
そして、通常の洗顔と同じように、しっかり洗顔料を洗い流しましょう。

 

 使用後もきちんとお手入れをして、ブラシを清潔に保つことが必要です。使い終わったら、よくすすぎましょう。
特に、洗顔料の残りやすい根元の部分は、念入りにすすぐ必要があります。洗った後は、よく乾燥させます。

 

濡れたままにしておくと、カビや雑菌が繁殖する原因となってしまうため、特に梅雨のジメジメした時期などは、注意しましょう。
カビや雑菌を放置すると顔の肌をきれいにする能力が格段に落ちてしまうどころか、逆効果になることもあります。

 

 また、ブラシを使用する頻度ですが、個人差があります。
肌が比較的強い方は、毎日使用しても差し支えないようですが、敏感に反応しやすい方は、1週間に2〜3回にするなど、
お肌の状態を見て使用するかしないかを判断しましょう。