ケアは毎日継続すること

美顔器での整顔、化粧水、保湿などの顔を綺麗にする一連のケアを特別な日にしか頑張らない人がいます。

 

しかし、これらのケアは毎日積み重ねることで、後々違いが歴然となって現れてきます。

 

もちろん、彼氏とデートしたり、特別な日にだけやってもその日は肌も潤いが実感されて綺麗になったと感じるかもしれません。

 

でもそれだとやはり「その時だけ」になってしまいます。

 

そもそも毎日頑張ってこうしたケアをするのは、
年をとっても若々しい綺麗な肌でいたいと思うからです。

 

その日のことを考えてのケアではなく、後々のことを考えた対策なのです。
30代でシワシワの肌になりたくない、くすんだ肌で居たくない。

 

日々のケアの積み重ねが10年後の私たちの肌を綺麗なままでいさせるのです。

 

肌をきれいにする方法は色々言われますが、その一番のやり方は日々肌ケアを続けることに他なりません。

 

肌をきれいにするには、
・肌の新陳代謝を活性化させる
・潤い持続させる

 

この2点に意識を置くことに他なりません。

 

肌は基本的に2週間ごとに生まれ変わります(ターンオーバー)。
この生まれ変わりを正常に働かせるために、超音波美顔器で新陳代謝を促します。

 

美顔器のほか、岩盤浴なども効果的です。
岩盤浴をした翌日に肌がツヤツヤしてるのを実感したことはないでしょうか?

 

 

また、洗顔後の潤い不足を化粧水などを駆使して、徹底的にケアする。
乾燥する冬には湿度を60%前後に保つなども肌を綺麗にするためには有効です。

 

 

そういうことを日々意識してやっている人が、40代になってもハリのある綺麗肌のままでいれます。

 

決して高い化粧水を使ってる人だけが綺麗肌を保てるわけではありません。
お金をかけられないなら、その分、毎日ケアに時間をかけましょう。